老人ホームの基礎知識|老人ホームについて詳しくご紹介

老人ホームとは有料老人ホームの種類老人ホームを選ぶポイント介護ベット訪問介護

 
   老人介護
  〜家族で協力しあおう!〜

お問合せはこちらから

 
    

 老人ホームの基礎知識


老人ホームとは

各家族化が進む現在の日本では、身近に世話をしてくれる家族がいない、家族に面倒をかけたくない
などの理由から、高齢者の身の周りの世話をしてくれる居住施設である「老人ホーム」の入居をする
方が増えてきています。また、そうでなくとも、ご家族共働きの家庭も多いので、最近では
その理由も含めて老人ホームへの入居を進める方が増えているようです。
また、住宅型有料老人ホームというジャンルも最近出来たので、そこに入居する人も増えてきているようです。
住宅型有料老人ホームというのは、個室型の老人ホームとなっており、少々値段は張りますが、
そこに住みたいという方が多いようです。
しかし、いざ老人ホームを選ぶ立場になって老人ホームを探そうとなると、老人ホームには入居者の
健康状態やサービスの違いなどで、様々な種類の老人ホームがあるので苦労される方も多いかと思います。
特に、老人ホームについての事前知識等がない場合は、多様な老人ホームの形態や条件に、戸惑うことが
あるかもしれません。
このページでは、老人ホームの種類やサービスの内容などの、老人ホームを選ぶ前に知っておきたい
基礎知識を紹介していきますので参考にして下さい。


公的老人ホームとは

公的機関が運営する「公的老人ホーム」には、入所条件の違いによって主に「特別養護老人ホーム」
「養護老人ホーム」「軽費老人ホーム」の3つに分類されています。

「特別養護老人ホーム」は原則として65歳以上で、寝たきり状態や認知症など身体または精神に障害が
あり常時介護が必要な状態ですが、居宅介護が受けられない状況にある高齢者を受け入れる施設です。

「養護老人ホーム」は原則として65歳以上で、身体的理由のほかに低所得者や身寄りがない高齢者を
受け入れる施設です。

「経費老人ホーム」は、原則として60歳以上で、無料または低額な料金で利用できる健康な高齢者でも
入居できる施設です。

これら公的老人ホームは低めの料金で利用できるため、非常に入居希望者が多く、入居を希望しても
非常に長い順番待ちになることが多いのが現状です。
有料老人ホームとは

現在では順番待ちで入居することが難しい公的老人ホームを避け、より多彩なサービスが受けられる
民間の有料老人ホームを選ぶ人が増えてきています。
ただ公的老人ホームと違い、有料老人ホームは入居に多額の費用が必要となります。
入居時に数年間の家賃や終身利用権などのサービス料である入居一時金を支払う必要があり
入居してからも管理費、食費や光熱費などの月額利用料が必要になります。
ただし、支払った入居一時金の一部は一定の期間を過ぎると償却されます。

この多額な利用料金が有料老人ホームを選ぶ際の大きな問題になるのですが、最近では入居一時金が
低額になった有料老人ホームもあり、数十万や数百万円の入居金でサービスを提供する有料老人ホームも
増えてきて、以前より入居費用が安くなりました。
サービスの面で、公的な老人ホームよりも有料老人ホームの方が優れているところも多く、何より、数多く
ある多様化する有料老人ホームの中から、入居予定者に合う有料老人ホームを比較・選択できることが
有料老人ホームの特徴と言えます。

 

pickup

浅草・隅田川で屋形船をお楽しみ頂く

屋形船

性転換、睾丸摘出手術のご相談承ります

睾丸摘出

接続された相手機のLED表示とブザー音でお知らせする簡単呼出しブザーです。

呼び出しベル

Last update:2016/7/1

Copyright 2008 老人介護 All rights reserved.